Questions & Answers


 Q1 始業時間、下校時間は?
 Q2 通学範囲はどのくらいですか、自転車通学は認めていますか?
 Q3 電車通学になるのですが、大変なのでは?
 Q4 給食とおやつにはどんなものがでますか?
 Q5 土曜日の活動はどうなっていますか?
 Q6 クラスの男女比はどうなっていますか?また、生徒数に対する教員の割合は?
 Q7 他校と違った授業はありますか?
 Q8 授業の進み方具合はどのようになっていますか?
 Q9 習熟度別の授業は、どのような形態ですか。また過剰な競争や、ちょっとした差別の雰囲気が生じたりしませんか?
 Q10 入学してからの家庭学習はどのように進めていけばよいのですか?『プランノート』とは、どのようなものですか?
 Q11 外部小学校からの入学です。内部からのお子さんとの学習の面で差があるかあるか心配です。
     また、お友だちとうまく馴染めるでしょうか?

 Q12 外部小から入学して、初めて「混合教育に触れるのですが、自閉症のお友だちとうまく関わっていけるでしょうか?
 Q13 授業の補習は行っていますか?
 Q14 高校進学に向けて、学校としての態勢・システムはどのようになっていますか?
 Q15 東中からはどのような高校に進学しているのでしょうか?また高校の推薦制度とは、どのようなものですか?
 Q16 塾にいかなくても大丈夫でしょうか?
 Q17 授業料などの他には、どのような費用がかかりますか?
 Q18 保護者が学校に来る機会はどれくらいあるのでしょうか?
 Q19 不審者侵入への安全対策はどうなっていますか?
 Q20 「体力つくりコンテスト」で全国レベルの入賞をしているようですが、体育などで特別なことをしているのでしょうか?
 Q21 部活動は毎日あるのでしょうか、また必ず入らなければならないのですか?
 Q22 卒業生の様子を教えてください。

        

Q1 始業時間、下校時間は?

  登校したら制服から校内着のユニフォームに着替えて、授業の準備をします。始業は8時30分ですが、「朝の10分間読書」を行っているので、8時20分には全員が着席してそれぞれ自分の好きな本を広げ、始業前の落ち着いた時間を過ごしています。部活で8時から朝練をするところもあります。下校時間は、月・火・木・金が3時50分、水が3時15分です。また部活動などの最終下校は、夏期(4~10月)は5時45分、冬期(11~3月)は5時30分です。部活動の試合・大会前のみ、30分間の活動延長をすることがあります。

[上へ戻る(Back to Top)]

Q2 通学範囲はどのくらいですか、自転車通学は認めていますか?

   多いのは西東京市、武蔵野市、小金井市、小平市、三鷹市、練馬区ですが、通学時間でいうと1時間を越える範囲(千葉県、埼玉県、神奈川県)から通ってきている生徒も少なくありません。中学生になると体力もつき、通学範囲の問題はそれほど感じられません。西武新宿線や所沢、川越方面からは国分寺回りのルート、また日野や多摩センター方面からはモノレールを使うと距離の割には時間がかからないようです。近くても交通の不便な場所もあり、学校からおよそ半径4キロ以内の地域は自転車通学を届け出の上、許可しています。

[上へ戻る(Back to Top)]

Q3 電車通学になるのですが、大変なのでは?

   (保護者の方から)電車通学が初めてのお子さんでも、すぐに慣れます。通学時間が多少長くても、友だちと一緒ならあまり気にならないようです。登下校途中に事故などで電車がとまって登校や下校が遅れそうな場合には、学校や家に電話して安否を知らせることなどを家庭で話しておくと安心です。ただし学校では携帯電話の所持は許可していないので、テレホンカードを持っています。 (中1男子・保護者)

[上へ戻る(Back to Top)]

Q4 給食とおやつにはどんなものがでますか?

   給食はおかずとご飯が別になっていて、ごはんのおかわりは自由。毎週1回お楽しみの皿盛りメニューが出ます。人気はカレー、ハッシュドビーフ、チャーハン、スパゲティなど。他に冷やし天ぷらうどん、中華丼などが出ます。また、授業終了後の帰りのホームルーム時におやつのパンと飲み物(給食費に含まれる)が毎日あります。約100種類のパンと20種類の飲み物またはヨーグルトの組み合わせで、生徒は毎日のおやつを楽しみにしています。

[上へ戻る(Back to Top)]

Q5 土曜日の活動はどうなっていますか

   土曜日には年に数回の希望制で参加する各種講座(英検対策講座、個別対応学習講座、趣味に関する講座、3年対象の特別講座など)や行事(盆踊り、スポーツ大会、発表会、授業参観など。また学園祭は日曜日に実施。)が組まれています。部活動に入っている生徒は試合・大会や練習が行われることもあり、平均しておよそ月に1、2回が休日になっています。

[上へ戻る(Back to Top)]

Q6 クラスの男女比はどうなっていますか?また、生徒数に対する教員の割合は?

   ホームルームクラスは30人程度の少人数制で、男女比はほぼ同数です。2人担任制をとっているので、30人程度のクラスを担任と副担任が担当します。他にもきめ細かい指導をするための態勢をしいており、学校全体の生徒数に対する教員の割合は、生徒7人に対して教員が1人となります。

[上へ戻る(Back to Top)]

Q7 他校と違った授業はありますか?

  他校にはない、幅広くユニークな授業がたくさんあります。

   ① 総合学習『生命科』 

これは、近年希薄になってきている人間の存在感、とりわけ自己の存在感や存在価値を教育の場で見つめ直す必要性を感じることから正課の時間内に設けたものです。内容は友愛、生命、命の尊厳、将来観、国際理解・環境、福祉、平和、死生観などで、中学生なりに生命の大切さとそのしくみについて自ら考え、学ぶ機会としています。   

② 男子:武道(合気道)、女子:ダンス

体育の授業の一環として週1回の授業があります。

③ 独自の英語カリキュラム

英語の時間数は公立中の1.9倍あり、「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能をバランスよく伸ばせるよう、ユニークな教材(”CLUNBUS 21” ”Crowm Plus” ”Active Phonics” “Talk & Talk Light Bookなど)を使ってカリキュラムを編成しています。リスニングやコミュニケーションも重視。全員が年に1回は必ず英検を受験し、3年生では全員が3級以上を取得するように進めていきます。英語特別コースでは英検2級以上をめざします。次の表は、平成20年3月の各級資格取得(各自の最上級で表示)の人数です。

④ 3年生「論文」の授業

論理的な思考力を高めていくこと、また近年の高校入試への対策として
国語から論文指導の時間を独立させました。論文指導は3年間通しのカリキュラム編成、1、2年次の国語はもとより、生命科などの教科とも連携して系統立てて進め、3年次にはテキストを使用して重点的に取り組みます。論文指導は習熟度別授業で行っています。

⑤ 数学特別コースの設置

数学の習熟度別グループの中に特別コースを設置しています。このコースは、数学に特に興味があり力のある生徒が将来的に数理系の専門を追究する分野に進めるだけの力を養成することを目的とし、カリキュラムには高等学校で扱う内容を含めて授業を進めていきます。学習進度は一般コースと同様ですが、内容面で深く追究するという違いがあります。そのため、「新Aクラス中学数学問題集 4訂版」(昇龍堂出版)に加えて「チャート式 基礎と演習 数学Ⅰ+A」(数研出版)を随時使用していきます。
※ 新課程の導入後も本校はいわゆる3割削減をせずに、将来に必要な知識は教えるべきとの観点から旧課程の内容を残してカリキュラム編成をしています。理科では検定外の教科書『新しい科学の教科書』を採用、他にも独自テキストを作成するなど、教材の面でもオリジナリティーがあります。

[上へ戻る(Back to Top)]

Q8 授業の進み具合はどのようになっていますか?教科書は何を使っていますか?

   進度は高校受験に合わせてやや早くなっています。英語は2年生までに中学校3年分の内容を終え、数学、国語、理科、社会も1年生のうちに2年生の、2年生のうちに3年生の範囲に入ります。特に数学、国語は3年生の1学期に3年間分の範囲を終えて、3年生の2学期からは進学に備えての学習に切り替わります。また受験の終了後には、国語・数学・英語の3教科において高校の学習内容を先取りした授業を行います。
 
(保護者の方から)やや早めの進度ですが、習熟度別の授業になっていて先生方が丁寧に教えてくださるので心配はありません。 (中1男子・保護者)

使用教科書は以下の通りですが、数学、理科については、検定教科書よりも副教材を中心に授業を進めていきます。

教科

出版社・教科書名

国語

教育出版『伝え合うことば』

社会(地理)

東京書籍『新編 新しい社会 地理』

社会(歴史)

清水書院『新中学校 歴史 日本の歴史と世界』

社会(公民)

清水書院『新中学校 公民 日本の社会と世界』

社会(地図)

帝国書院

数学

大日本図書『中学校 数学』
※昇龍堂「新Aクラス 中学数学問題集 4訂版」

理科

東京書籍『新しい科学』
※文一総合出版「新しい科学の教科書」

英語

光村図書『COLUMBUS21 English Course』

音楽

教育芸術社『中学生の音楽』

美術

日本文教出版『美術』

保健体育

学研『新・中学保健体育』

技術・家庭

開隆堂『技術・家庭 技術分野・家庭分野』

主な副教材

〇 国語 級別常用漢字マスター(漢検52級完全対応)研数書院
   国語便覧東京都版 浜島書店 
   新・国語の学習 正進社
   シリウス21 育伸社 
   Sirius21公立高校入試対策作文問題集 育伸社

英語 Talk & Talk Light Book 正進社
   COLUMBUS 21ペンマンシップ 光村図書
   実力練成テキスト  文理
   Active Phonics 松香フォニックス
   実力完成問題集 正進社
   英文読解の完成 正進社 
   高校入試 実戦 合格英単語 富士教育
   高校入試 出る順 英語 旺文社

数学 オリジナル教材
  新Aクラス中学数学問題集(4訂版) 昇龍堂出版
  数学への準備 学書
 
理科 新しい科学の教科書 文一総合出版   
  シリウス21  育伸社
  最新理科便覧 浜島書店
  実力完成問題集 正進社 
 
〇 社会 もっと知りたい日本と世界のすがた 帝国書院
  シリウス21 育伸社
  歴史用語一問一答 教学研究社
  地理用語辞典 正進社 
  歴史用語辞典 正進社 
  公民用語辞典 正進社 

[上へ戻る(Back to Top)]

Q9 習熟度別の授業は、どのような形態ですか。また過剰な競争や、ちょっとした差別の雰囲気が生じたりはしませんか?

  1、2年生は、数学・英語が習熟度別の授業です。ABの2クラスを〔特別コース・1グループ編成 約10人〕と〔一般コース・2グループ編成で1グループ 約20~30人〕に分けています。3年生の1学期からは5教科と論文の授業が習熟度別となります。3グループ編成で1グループは約20~22人です。習熟度別かつ少人数なので、先生にとっては生徒の様子がつかめ、生徒にとっては質問もしやすく、良い雰囲気で授業が進められています。

(保護者の方から)子どもたちは、競争だとか差別感だとかは感じることなく、自分のペースで勉強を進められるので、この学校の魅力のひとつと考えているようです。(中2男子・保護者)

[上へ戻る(Back to Top)]

Q10 入学してからの家庭学習はどのように進めていけばよいのですか?『プランノート』とは、どのようなものですか?

  授業は予習・復習を前提として進められますので、家庭での学習は不可欠です。中学生らしく日々を自己管理し自分の意志で進めていく家庭での学習を本校では自主学習と呼び、そのための方法として『自主学習プランノート』を使用しています。この『自主学習プランノート』を使用して、「宿題があるから」といった受け身の学習ではなく、学習方法そのものを自分なりに改善し身につけていけるようにします。
各教科のノートについても授業用の他に自主学習用のノートを家庭での学習に使用します。授業用・自主学習用ともに各々が工夫するノート作りの指導も重視しており、生徒同士でノートを見合って自分の参考にしたりするノート研修会も行っています。

(保護者の方から)家庭学習は、『自主学習プランノート』を使って毎日、自分で計画をたてて実行して進めていきます。かつ担任の先生が翌日、一人ひとりの子ども全員の『プランノート』を丁寧にチェックしてくれます。 (中1男子・保護者)

[上へ戻る(Back to Top)]

Q11 外部小学校からの入学です。内部からのお子さんと学習の面で差があるか心配です。また、お友だちとうまく馴染めるでしょうか?

  特に「英語を公立小では多くやってきていないので」という心配の声を聞くことがあります。英語では、公立小から入学する生徒のために入学ガイダンスの日(2月)に「ペンマンシップ」を配布して、入学までにアルファベットとローマ字に慣れてもらうようにしています。もし充分にできなくても、4月から丁寧に教えていきますので心配はいりません。

(保護者の方から) 友だち関係については、内部からの進学した生徒がいろいろな面で気遣ってくれ、何の抵抗もなく友だちになれました。 (中2男子・保護者)

[上へ戻る(Back to Top)]

Q12 外部小から入学して、初めて「混合教育」に触れるのですが、自閉のお友だちとうまく関わっていけるでしょうか?

  入学後に一緒に校外学習(清里山荘合宿)に出かけたり、毎日の清掃を一緒に行ったりするうちに、自然と親しんで関わっていけるようになります。先輩や先生の関わり方から学んで行動していくうちに、いつのまにか、明るくあたたかい「混合教育」の校風を体得していきます。

(保護者の方から) 最初はとまどうこともあっても、すぐに慣れるようです。子どもは「混合教育だと気持ちがまっすぐに優しくなれる。いろいろなタイプの人との接し方がわかり、心が広くなる」という実感があるようです。 (中2男子・保護者)

[上へ戻る(Back to Top)]

Q13 授業の補習は行っていますか?

 中間テストや総合テストの後には、授業の中で答案の直しや、どのように個々の弱点補強を進めるかについて指導を行います。また個別の補習では、生徒が自主的に担当の先生に申し出て受ける場合もあれば先生の方から必要に応じて生徒に声をかけて行うこともあります。3年生では、苦手科目の補強や志望校の出題傾向に添った学習など、個別に補習を申し出る生徒が増えます。いずれも休み時間や放課後など時間を見つけて行っています。また、休校の土曜日に開講している個別対応学習講座は生徒が個別に申し出て自分の弱点補強や進めたい学習を担当の先生に見てもらうもので、多くの生徒が参加しています。

[上へ戻る(Back to Top)]

Q14 高校進学に向けて、学校としての態勢・システムはどのようになっていますか?

   3年間の授業のカリキュラムは、進学へ向けての準備が十分なされるように組まれています。加えて3年生では正課の授業のほかに、全員を対象とした進学に向けて『特別進学学習』が週3回( 月・水・金の各2時間 )あります。この『特別進学学習』では、10人前後の少人数グループで、過去の入試問題や個人やグループに応じた独自のカリキュラムを進め、入試に至るまでの実戦的な力を養っていきます。友達と競いあいながらも励ましあい、またグループの先生が一人ひとりの力を総合的に把握して入試に臨むこのシステムは、志望校合格に絶大な成果をもたらしています。この他、3年生は校内でのテスト演習( 全都での自分の成績がわかるもの)、校外会場での模擬テスト参加、長期休暇中の講習などを行っています。

◆受験に向けての年間指導計画(3年間の主なもの)

[上へ戻る(Back to Top)]

Q15 東中からはどのような高校に進学しているのでしょうか?また高校の推薦制度とは、どのようなものですか?

 幅広くいろいろな分野の高校への合格を果たしています。たとえば大学の附属校に進学して大学へ進むコースを考える、また大学は受験するので(国立大学、医学部のある大学、附属高校のない大学など)進学指導に力を入れている高校のみの学校を選ぶなど、さまざまです。進学先のおおよその傾向は私立高校へ約7割、都立高校へ約3割となり、特色をもつ私立学校の方を選ぶ生徒や家庭が多いようです。15歳での進路選択は、生徒自身が自分の将来を具体的に展望しながら学校選びができ、またその時点から真剣に将来のための勉強を始めることができるという良さがあります。
また東中では、ほぼ全員が何らかの形で推薦制度を利用して受験に臨んでいます。難関校に挑戦という場合でも、必ずどこかの高校に入れる態勢を用意して受験するので、安心して一般入試に臨むことができます。私立高校に進学した生徒のうち70%(過去3年間)は推薦制度による進学です。不安を抱えた受験ではなく、価値ある挑戦としての受験にするため、東中では学校を挙げてのバックアップ態勢をしいています。

<進学先割合 過去3年間>

[上へ戻る(Back to Top)]

Q16 塾に行かなくても大丈夫でしょうか

 東中は、高校受験のための学習は校内指導だけで万全といえるだけのシステムと内容を備えています。基本的に高校受験のための学習を、塾に通ってする必要はありません。
 本校の生徒は部活動や友愛会活動で放課後の時間を過ごし、そういった充実した学校生活を送りつつ、家庭学習とのバランスをとりながら自分で学習を計画していく力をつけていきます。「やらされる」学習ではなく「自分から計画してやりとげる力」を獲得していきます。自主学習の手だてである『プランノート』を通じて学習や生活リズムなど、健全な形で学習習慣を形成していけるのも長所のひとつです。
  塾は禁止ということではありませんが、通塾する場合には生活の管理をしっかりすることを確認し、学校生活にゆとりをもって臨めるように助言しています。

 

 [上へ戻る(Back to Top)]

 Q17 授業料などの他には、どのような費用がかかりますか?

 授業料等の学納金は年間で2期の分納となっています。長期休暇中の講習費(2年次と3年次)は、学納金の中に含んで納入していただいています。学納金納入の時期以外に、個人用副教材費( 問題集・テキスト・校内模試代など )や清里山荘合宿費(1年次のみ)を「副教材費」の中に含んで4月と11月に、また3月実施の「スキー教室費用」を2月に納入いただいています。それぞれの学年や年度によって若干の差がありますが、19年度の「副教材費」と「スキー教室費用」は以下の通りでした。
 (※校外学習である2年次の「京都奈良校外学習」と3年次の「グアム学習」の費用は、「修学学習費」として、1年次と2年次の学納金に含んで徴収しています。)
  尚、英検や漢検(1~3年)、外部公開模試(3年)の費用は、以下に含んでいません。

<1年生>
 
・前後期副教材費    46,693(4月・11月)
 ・スキー教室費用       30,000 (2月)
                   76,693    

<2年生>
 ・前後期副教材費    29,665(4月・11月)
 ・スキー教室費用       30,000 (2月)

                   59,665      

<3年生>
 ・前後期副教材費    37,000(4月・11月)
 ・スキー教室費用      30,000 (2月)

                   67,000

[上へ戻る(Back to Top)]

Q18 保護者が学校に来る機会はどれくらいあるのでしょうか?

 保護者の方全体に集まっていただく機会として「教育方針説明会」(年度始め3月)「保護者会」(4月・9月)があり、学期に1度ずつ「授業参観」(6月、12月、3月)と「個人懇談」(7月・12月・3月)を行います。また参観いただける行事には次のものがあります。

1学期

(6)球技大会  (7)合唱コンクール

2学期

(10)「スポーツ大会」 (11)「学園祭」

3学期

(2)「発表会」 

 

 

「学園祭」の時には、クラスの模擬店やバザー品について後援会の役員になられた方を中心にご協力いただきます。他に学年によって「進学説明会」「三者面談」などがあります。

(保護者の方から) 女子は、発表会のダンス作品で自分の子どもが着る衣装を、親が製作
することがあり、学校から布と製作の仕方のプリントが配られます。無理なものではあり
ませんけれど、入学前に知っておくと覚悟ができます。 (中3女子・保護者)

[上へ戻る(Back to Top)]

Q19 不審者侵入への安全対策はどうなっていますか?

 正面玄関は二重になっており、内側自動扉には通常電子ロックがかかっています。来校者はインターホンにて用件を伝え、職員が確認してから扉が開けられるシステムですので、不審者が入るということはありません。また来校者は受付窓口で受付カードに記名をし、ネームプレートをつけて校内に入ります。生徒昇降口は、登下校時間のみ開門し、開門時は職員が生徒昇降口で監視しています。さらに不審者侵入時における対応を取り決め、校内で防犯訓練を行っています。

Q20 「体力つくりコンテスト」で全国レベルの入賞をしているようですが、体育などで特別なことをしているのでしょうか?

 平成11年度から19年度まで『毎日カップ体力作りコンテスト』(毎日新聞社主催)に参加し、東京都で約360校、全国で約4000校の中、上位入賞を果たしています。
 ・ 11年度→特別賞 (全国40位以内)
 ・ 12年度→特別賞        (全国40位以内)
 ・ 13年度→日本中学校体育連盟賞 (全国 6位以内)
 ・ 14年度→優秀賞        (全国 8位以内)
 ・ 15年度→特別奨励賞      (全国 2位以内)
 ・ 16年度→毎日中学生新聞賞   (全国 4位以内)
 ・ 17年度→優良賞   (全国 13位以内)
 ・ 18年度→優良賞   (全国 15位以内)
 ・ 19年度→優良賞   (全国 13位以内)

このコンテストは、文部科学省指導による『新体力テスト』のデータをもとに審査を受け、上位校のみは視察を経て各賞が決定されるものです。体育の授業で特別なことはしていませんが、以下のように体力つくりに向けての取り組みを継続的に行うことが成果に結びついています。
・ 1学期に全学年で体力テストを実施。各個人のデータをもとに生徒自身が自己評価し、今後の課題に向けての意識を高める。
・ 体育の授業の始め5~10分間を使って体力トレーニングを実施。各学年や個人に応じて種目を設定し、到達表や個人表を活用し意欲的に活動出来るよう工夫している。
・ スポーツ大会などの行事では、生徒が取り組みやすく、トレーニングの成果を確認できる種目を設定して励みにつなげている。

体力テスト学年判定別推移 (平成19年度3年生の場合) ※A判定が、成績最上位

[上へ戻る(Back to Top)]

Q21 部活動は毎日あるのでしょうか、また必ず入らなければならないのですか?

 必ず入部しなければならないということはありませんが、心身の成長を促すという意味で奨励しています。部によって違いもありますが、ほぼ毎日活動を行っています。
  
平日の活動時間は4時10分~5時45分(水は3時45分~)で、毎日、放課後のわずかな時間ですが、効率良く練習を進めています。原則として日曜日などの休日には活動しませんが、例外として試合・大会が近い場合など、特別に練習を行う場合もあります。また他の施設を使用しての練習を行う時もあります。中間テスト・総合テストを迎えるときには1週間前からテスト終了まで活動は行わないことが原則です。部活の大会成績は別紙の通りですが、小規模校でこれだけ多くの全国・関東・都レベルの成績を出している学校はありません。今後は、文化系の部や同好会ももっと作りたいと考えています。今はなくても、やってみたい活動があれば積極的に申し出てください。

< 各部の部員数 ・平成20年度>*ABクラスは9割以上の生徒が入部しています。

・野球部 …17名 

・バスケットボール部 …30名

・テニス部 …35名

・サッカー部 …7名 

・陸上競技部 …25名  

・体操競技部 …25名

・ダンス部 …22名 

・マーチングバンド部 …11名

・美術部 …10名 

・卓球部 …11名

・剣道同好会 …6名

・合唱同好会…13名

(保護者の方から) 部活と学習の両立ができるか心配でしたが、疲れた身体を自覚しながらも、それなりに自分のペースを作っていくものだと思いました。(中1女子・保護者)

[上へ戻る(Back to Top)]

Q22 卒業生の様子を教えてください。

 卒業生からは、卒業生からは、中学校時代に自分で学習する態度が身につき、高校でも自分のやり方で力をつけ、大学受験でも予備校や塾には行かなかったという話をよく聞きます。高校在学中に成績優秀生徒や特待生に選ばれたり、体育の成績が560人中の1位だったり、高校の研究機関誌の巻頭に論文が掲載されたりしたという話は最近の実例です。また中学校時代に得意だったことを将来に生かして道をひらいている生徒もいます。宝塚歌劇団への入団(1期生)や宝塚音楽学校に高い競争倍率の中から合格を果たした卒業生(15期生、16期生)、厳しいオーディションを突破して劇団四季で活躍している卒業生。司法試験に現役合格した卒業生。東京大学、京都大学への進学者(4人)をはじめとした難関大学への進学者は多数です。
   平成20年春に卒業した生徒が第23期生。今までに2236人が東中を巣立っていきました。すでに社会人になって結婚し、子どもを武蔵野東幼稚園や武蔵野東小学校に入園・入学させる卒業生も出ています。中学校には頻繁に卒業生が母校訪問して来ます。かなり前の卒業生から最近卒業した卒業生までが久しぶりに会った先生方に近況報告をしたり、部活動の指導をしたり、また高校生なら在学中のように自分の勉強をしたり、まるで帰省したわが家のような雰囲気で過ごしている姿をみかけます。卒業生がそれぞれの道で充実した生活を送っていることがなにより一番ですが、大学生や社会人になっても出身中学校を訪れてみようという気持ちをもってもらえるということは、ひとつには在学中の満足度にあると考えます。大学受験のために『プランノート』を買いにくる卒業生も毎年絶えません。

[上へ戻る(Back to Top)]


(C) Musashino Higashi Gakuen
武蔵野東中学校
184-0003 東京都小金井市緑町2-6-4
Tel. 042-384-4311 Fax. 042-384-8451