ありがとうの日 


(画像はイメージです)

みんな ありがとう! いつも ありがとう!
おとうさん おかあさん おじいさん おばあさん
みんな ありがとう! いつも ありがとう!
すてきな 1ねんせいになる!
「たいせつな ともだち」 © Benesse Corporation より部分引用

赤ちゃんは、生まれてから3歳までの間に、一生分の親孝行をする…とどこかで読んだ記憶があります。少なくとも私個人は幼稚園でも+αの親孝行をしてもらった気がします。こどもたちの存在がどれだけ私たちを幸せにしてくれたことでしょう。辛いことがあっても、忙しくても、頑張ってこられたのはこどもたちの笑顔があったからかもしれません。
「お父さん、お母さんこそ、ありがとう。」

今日、3月9日は「ありがとうの日」
…「サン(3)キュー(9)」(Thank You.)からきているそうです。
当たり前だと思ったりせず全てのことに感謝の心を持つこと、その感謝の気持ちを「ありがとう」という言葉にして伝えること…とても大事なことだと思います。

武蔵野東学園では、
3月10日に高等専修学校「第30回 卒業式」、
翌日11日は幼稚園「第53回 卒園式」、
17日小学校「第39回 卒業式」
 (「ありがとう」卒業式ですね)、
そして、21日が中学校「第33回 卒業式」です。

学園で精一杯がんばってきた450名の卒園児・卒業生のみなさん、そして学園を理解し、お子様の教育の場として選んでくださった保護者の皆様に、心より「おめでとうございます」そして「ありがとうございました」の言葉をお届けしたいと思います。

*こちらから 武蔵野東学園ホームページ へ

学園 企画室  情報ID 76240 番  掲載日時 03/09/2018 Fri, 10:04