「今年もがんばりましょう」 



武蔵野東学園では、明日8日(火)が園児・児童・生徒たちの始業になります。

今日は全職員が「北原記念館」スカラーホールに集まって、1年の無事を祈り、寺田理事長から年頭のお話を伺いました。
昨年のお話のポイントは、一昨年末に来校された国連開発計画(UNDP)独立評価ディレクターのインドラン・ナイドゥ博士へのお話から、生活療法では「家庭との連携」が大事な要素であること…などについての話でしたが、今年は現在学園内でまとめている自閉症児の教育についての冊子の内容からのお話でした。改訂を繰り返しながらこれからの世代の教職員の指針となるものです。

また、平成最後の年になる2019年は、学園創立の母 北原キヨ先生 が平成元年1月14日に亡くなられて30年になります。今回はキヨ先生の笑顔のお写真に見守られながら2019年をスタートしました。

全体会のあとは、また園児・児童・生徒の皆さんに会えるのを楽しみに、各園校での始業の準備に入っています。

*こちらから 武蔵野東学園ホームページ へ

企画広報室  情報ID 77661 番  掲載日時 01/07/2019 Mon, 09:59