2021年度 第2回 保護者・支援者向けセミナーが開催されました 



 今回は、中央大学文学部教授の松井智子先生をお招きして、「自閉スペクトラム症児の言葉の聞き取りの困難さについて」というテーマで講演をしていただきました。武蔵野東学園や教育センターの保護者を含め52名の方々が受講しました。

 今回は自閉スペクトラム症(ASD)児の言語発達と音声言語認識の関係について、松井先生の研究室で行われた調査結果を、具体的なデータを示されながら分かりやすく説明いただきました。また、その結果を踏まえ、ASD児に接する大人は、音が聞き取りやすいような話し方をしたり、子どもが無関心に見えても言葉を浴びせるようにたくさん聞かせたりすることが、言葉を理解する力を高めることにつながるのではないかとお話しされていました。
 受講者の方からは、『娘の言葉の遅れの原因が、少し理解できたような気がします。』『子どもの困難な部分が理解できたので日々の生活に生かしていこうと思います。』などの感想をいただきました。

 次回のセミナーは、11月19日(金)10時より「発達が気になる子どもの支援~家庭で簡易に取り組める動きづくりを中心に~」というテーマで、東洋大学ライフデザイン学部教授の是枝喜代治先生にご講演いただく予定です。まだ空きがございますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

教育センター  情報ID 81149 番  掲載日時 06/17/2021 Thu, 18:59